夏は遮熱/冬は断熱 熱貫流率世界最高レベルの3.6【LEP35】

lep35高性能断熱フィルム
CPフィルム社(USA)製 超高断熱 LowE フィルム LEP35
世界最高レベルの 熱貫流率 3.6 を実現
熱線を熱源に返す≫原理(特許申請中) 
夏は遮熱、冬は断熱に効果最大
可視光線透過率=36.2% 遮へい係数=0.33
LEP35断熱フィルム
PDF

原理:ガラスフィルムの特殊な製法(特許申請中)により、フィルムに当たる”放射熱”を、その熱源に返します。
夏は、日射熱の大半を、太陽光側に返し、
冬は、暖房熱(赤外線が多い)を、室内側に返します。
夏場の遮熱性能は、遮蔽係数で比較します:遮蔽係数0.33は、非常に高い熱線遮断性能を表しています。
冬場の断熱性能は、熱貫流率で比較します:熱貫流率3.6は、業界最高クラスです。
可視光線透過率は36.2%ですが、遮熱性能及び断熱性能は他に類を見ない抜群のフィルムです。
Low-E断熱フィルムの特徴

LEPの施工は
CP認定施工員が行います。

施工が容易な低放射断熱フィルム
新入荷
メーカーは異なります:

シルバー反射タイプ
Nexfil社製 RS15A-LE, RS50A-LE
Maprol社製RS15M-LE,RS35M-LE

透明断熱タイプ
Nexfil社製透明断熱 Nex70-LE

富士フィルム社製 MF-500

LEP35夏
夏:熱線を外に返します
LEP35冬
冬:暖房熱を内に返します
ウィンドウフィルム分野で世界市場を席巻するCPフィルム社製
(CPフィルム社は、ソルーシアグループの一員です)
CP社が威信をかけて開発したLowEフィルム
熱貫流率の低さは、フィルム業界最高クラス
右記:透明遮熱フィルムで弊社1番人気のSL7480との比較
(注:可視光線透過率が大きく異なります)
CP社 LEP35 ネックスフィル社 SL7480
PET基材の厚さ
46ミクロン
PET基材の厚さ
50ミクロン
粘着剤:
初期粘着弱
施工後粘着強
粘着剤:
感圧接着材
初期粘着強
LEP35 特性表 (建材試験センター試験結果)
シェード色 ブロンズ系 微光沢反射 特徴・他社製品との比較
可視光線透過率% 36.2 適度な透明度で、遮熱/断熱の効率最大化を図っています。
日中、内から外は良く見え、 外から内は殆ど見えません。
夜は内に照明があると外から見えてしまいます。
日射吸収率を低く抑え、熱割れの危険を極小にしています。
赤外線を大幅にカットする割りに、ガラスがあまり熱くなりません。
可視光線反射率% 48
日射透過率% 23.1
日射反射率% 47.8
日射吸収率% 29.1
紫外線遮断率% 99 UVはほぼ完璧に遮断、これは他社品も同じです。
遮蔽係数 0.33 遮へい係数 0.33 は、非常に高い遮熱性能を表しています。
透明度が高いフィルムでは、理論的に不可能な値なのです。
熱貫流率 W/uK 3.6 熱貫流率 3.6 は、世界最高レベルです(私どもの知る限り)。
放射率 E 0.07 放射率が低いほど、断熱性能に優れています。
下記放射率の比較をご参照ください。
ハードコート 有り ハードコート付きです、他社品にはハードコート無しがあります。
施工作業性 初期粘着弱
施工後強粘着
施工作業性は良好、養生期間中の凍結は避ける必要があります。
他社品には施工が難しいものもあります。
ロールサイズ 1524mm幅 x 30.46M長さ

参考資料:遮へい係数とは?
日射熱を遮る効果を見る指標です。

フィルムを貼っていない3mm厚透明ガラスを透過する日射熱量を1.0とし、 フィルムを貼った場合の日射熱量の割合, 値が低いほど熱線遮断効果が高く、 冷房負荷低減の効果があります。
特に夏季における、遮熱効果(省エネ効果)を検討する際に便利な指標です。 遮蔽係数が低いほど遮熱効果が高いフィルムとなります。

参考資料:熱貫流率とは?
室内外の温度差に起因する熱の逃げやすさを見る指標です。

温度差が1℃ある時、面積1uあたり1時間に抜けていく熱量を表しています。
値が低いほど断熱効果が高く、暖房熱がガラスを通して屋外 へ逃げるのを防ぐ効果があります。 
今まで、熱貫流率が低いガラスフィルムは極小でした。
新しいコンセプトにより開発されたCP社のLEP35(特許申請中)は、画期的なLowEガラスフィルムです。

「Low-E」は、Low Emissivityの略です。
これは、「低放射」という意味で、一般的な透明平板ガラスの放射率は、0.85程度と云われています。
これに対し、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になります。
放射率が低ければ低いほど放射熱を反射させ、熱を通さなくします。
LowEガラスは、赤外線を反射させる目的で使われるのが普通であり、 断熱性が高いガラスということになります。
日射調整フィルムも同様です。
LEP35の放射率0.07は、圧倒的に低い値です。
熱貫流率3.6は、他に例を見ない高性能断熱フィルムなのです。
夏は日射熱を外側に反射し、冬は暖房熱を内側に反射します。
放射率の比較
(建材試験センター試験結果)
弊社代表的グレード
グリーン購入法適合品との比較)
放射率 熱貫流率
LowE断熱フィルム LEP35 0.07 3.6
透明遮熱IRカット SL7480 0.76 5.5
銀スパッタフィルム SpG60 0.71 5.5
熱線反射フィルム RS35A 0.76 5.7
○LEP35の特性値は、建材試験センター試験結果を掲載しています、保証値ではありません。
○製品の仕様等は、予告なく変更する場合があります。