防曇(洗面鏡台用)フィルム くもり防止 グラステクトCVTM

メーカー:株式会社きもと フィルムカット販売:株式会社サイバーレップス
防曇フィルム実験1
防曇フィルムを貼った部分はすっきり映ります
ポリエステルフィルムに特殊な薄膜をコーティングした、
くもりを防止するフィルムです。

鏡が湯気で曇ってお困りの方へ朗報!

透明でガラス飛散防止性能のある糊がついており、
くもりにくく快適な視野が得られます。

浴室用はこちら

グラステクトCVの構造
地震対策フィルム
紫外線カット効果もあります
用途
・洗面化粧台の鏡
・窓ガラス など


飛散防止
JIS-A5759
ショットバッグ試験適合
層間変異試験適合

紫外線カット
JIS-A5759:2008
適合

特性データ
●厚さ:総厚80ミクロン
(PET基材50ミクロン)
注:保護フィルム、セパレーターを除く

●可視光線透過率:92%
●紫外線隠蔽性:あり

◎フィルムを剥がす際に、糊が殆ど残りません。

株式会社きもと技術資料はこちら

くもり防止フィルムの原理
曇り止めフィルム原理図

くもりは、水滴が粒状に付着して発生します。
”くもりを防止する層”は、親水性です。
水滴は、薄い水膜を形成します、水玉状になりません。

当該フィルムは、 株式会社きもとの製品です。

フィルムの貼り方: 通常のガラスフィルムと同じです。
防曇フィルムロール2

ロールからカット、またはカット済みフィルムを購入します。
ガラス面をきれいに清浄します。
セパレーターを剥がし、
粘着面とガラス面に施工液をスプレーし、貼りつけてから、
へら(スキージー)で、水を押し出します。
最後に、保護フィルムを剥がして完成です。

防曇フィルム貼りつけ
保護フィルムの上から、
へらで施工液を押し出します。
施工液とヘラは付属します。
(但し、4000円以上ご購入の方)
保護フィルムを剥がす2
最後に保護フィルムを剥がす
(剥がしにくい場合は、数時間後にセロテープを貼れば、簡単にめくり剥がすことができます)
上記の値はメーカー標準値であり保証値ではありません、改良等により予告なく変更する場合があります。
上記は全て内貼り用です、外貼りするとフィルムの劣化が早くなります。
ガラスフィルム全般の仕様詳細一覧表はこちら