店舗広告・展示会・講演会・教室にお勧め 背面投影スクリーン

プロジェクターで裏から投影して 表からきれいに見えるスクリーン

背面投影スクリーン

プロジェクターがLEDランプの登場により、 驚くほど高性能で安価になりました。

動画も簡単に撮影できるようになりました。

映像広告新時代の到来です。

ディラッドとCVS背面投影
背面投影スクリーンフィルム:窓ガラス面等に貼付

デジカメやスマホ等でも動画を簡単に作成できるようになりました。

動画の編集もフリーソフトや格安ソフトがあります。
スマホで作成してYouTubeにUpする方も増えてきました、活用しましょう。

お店の広告などに幅広く活用されるケースが増えています。

展示会やステージでの演出等でも幅広く活用されるようになりました。

窓ガラスに広告 背面投影スクリーンフィルム
デジタルサイネージ新時代の到来

ご指定サイズにオーダーカット

オーダーカットしたフィルムなら、自分で簡単に貼れ、 驚くほど、安価です。

ポイント:
フィルムのカットは難しい!
カット済みをお届けします。
空気が残るのでは?
水浸しにして、水を抜く要領です。
間違いなく、自分で貼れます。


オーダーカットしてお届け
オーダーカット品なら
自分で貼れます
勿論:施工もお引き受けします、お問い合わせください
背面投影ハングスクリーン:アクリル板に貼付してお届けします

展示会でも大活躍ハングスクリーン

ハングスクリーン

アクリル板貼付け
・通常は、3mm厚アクリル板
・大きなサイズは、5mm厚

ステージ演出効果に、多くの実績があります。
大きなサイズも可能です:
フィルム原反サイズ =1524mm幅x長さ30M


ロール max 1524mmx30メートル
高性能で安価になったプロジェクターの価格例:価格.com 業務用は3000ルーメン以上をお選びください

背面投影スクリーンフィルム メーカー 2社 きもと社 Mapro社
きもと社製 Dilad背面投影スクリーンフィルム3種 きもと社Diladの詳細ページへ
Diladスクリーン
マプロ社製 背面投影 サイバービュースクリーンフィルム CVS 4種
CVS背面投影スクリーンフィルム
背面投影スクリーンフィルム4種

ガラスに貼るフィルム

アイ・キャッチで効果抜群
・店舗
・レストラン
・キャンペーン

ご指定サイズにカットします。

オーダーカット販売

貼り付け施工もお引き受けしています。

弊社は、2社品同時販売

〇 きもと社製【ディラッド 》 3種
・ グレー
・ ホワイト
・ 透明

〇マプロ社製 【サイバービュースクリーン】
(旧名:リアプロサイバー)
・ グレー
・ 透明
・ ブラック
・ ホワイト

実際に、サイバービュースクリーンに投影してみました。
動画はこちらです。

スクリーン最大サイズは
ロールサイズで決まります:


きもと社製 ロール 幅 1220mm x 長さ 10 M
Mapro社製 ロール幅 1524mm x 長さ 30 M

きもと社製ディラッドは、
国産有名ブランド、実績多数

マプロ社製サイバービューは、
高性能で安価
コントラスト品の品揃え充実
自信をもってお勧めしています。

お求めは、弊社直販ショップが便利です。
オーダーカット品なら自分で貼れます。

ハングスクリーン
上記各種フィルムを透明アクリル板に貼り、 吊りかけや立てかけを可能にしたものです。 安全で軽く、持ち運びに便利です。
・ 大型店舗等で吊り下げ広告 ・ 広い会場での案内、宣伝 ・ 展示会場
背面投影【アクリルRP】もあります。 アクリル板自体が背面投影仕様になっています

背面投影スクリーン
分類
Mapro社製CVS
サイバービュースクリーン(旧名:リアプロサイバー)
 
安価・高性能
Mapro社+弊社
サイバービュー
ハングスクリーン
きもと社製DILAD
背面投影スクリーン
実績多数
きもと+弊社
DILAD ハングスクリーン
アクリル板背面投影
アクリルRP
*フィルムではなく、アクリル板が背面投影仕様です。
構造 フィルム アクリル+フィルム フィルム アクリル+フィルム
使い方 ガラスに貼って使用 吊りかけ、立てかけ ガラスに貼って使用 吊りかけ、たてかけ 形状加工可能
種類 グレー、クリア
ブラック、ホワイト大判 100インチも可
安価
グレー、クリア
ブラック、ホワイト Mapro社製+アクリル
グレー、クリア
ブラックきもと社製
グレー、クリア
ブラックきもと社製+アクリル
グレーのみ
傷に強い
お店のガラスに背面投影スクリーン【ディラッド及びサイバービュースクリーン】
A4サイズのサンプルを無料で送付します、最下段のお問い合わせよりお申込みください 価格表
お店などのガラスで動画広告・格安背面投影スクリーン新発売
背面投影サイバースクリーンの断面図

【サイバービュースクリーン】の原反は、
1524mm幅 x 30メートル
大型スクリーンも可能になりました。
貼り付け施工(有料)もお引き受けいたします。
ご自分での施工も可能です:4000円以上のご購入で施工キットをサービスしております。

背面投影スクリーンCVSの使用方法

貼り方詳細はこちら  

貼り方簡単ガイド
貼り方は、通常のウインドウフィルムの貼り方と同じです。
4000円以上のご購入で施工キットをサービスしております。
施工キット:施工液ミニ+スキージー+スプレーヘッド
(施工液ミニを500mLペットボトルの水に注入し、スプレーヘッドを付けます)
スグハレキット3A

1.ガラス面を洗剤とスポンジたわし等で洗い、水できれいにします。
2.セパレーターを剥がし糊面とガラス面に施工液をスプレー
3.スキージーで、まんべんなく、軽く水抜きをし、位置を確認します。
4.スキージーにキッチンペーパーをあて、丁寧に水抜きをして完成です。
5.念の為、数時間後に点検し、 水玉が残っていたら
再度スキージーで水抜きをします。
(スキージーにキッチンペーパーを巻くとフィルムを傷つけずに済みます)
スキージーにキッチンペーパーをあてると強く水抜きをしてもフィルムに傷がつきません。

注:
きもと社製ディラッドは、施工用保護フィルムがついています。
施工完了後に、保護フィルムを剥がします。

マプロ社サイバービューは、施工用保護フィルムなしです。
セパレーターをはがしたあと、
セパレーターを施工用保護フィルムとしてご使用ください。

格安とは?

驚くほど安く、高性能になったプロジェクター
映像の制作も、非常に簡単になりました。
弊社では、かねてより、国産大手メーカーのきもと社製を販売
加えて、マプロ社(韓国)製リアプロジェクションフィルムを輸入販売することになりました。
従来、店舗の窓などで使用されている広告用背面投影スクリーンは平米あたり、3万円以上するものでしたが、この度サイバーレップスでは、背面投影スクリーン【サイバービュー】を超格安で発売することが可能になりました。

ディラッドは、有名な大手メーカー製きもと社製です。
マプロ社製リアプロジェクションフィルムは、国産従来品と同等な性能にもかかわらず、この価格での発売は、今まで店舗や展示会の予算が合わなかった場合でも大いにお役にたてるものと確信しています。

映像の鮮明度は、プロジェクターの性能により異なります。
最近、焦点距離が短く解像度に優れたプロジェクターが複数発売されており、価格も驚くほど下がっています。

デジタルサイネージ新時代の幕開けです。
どうぞ企業様・店舗様の繁栄のためにご活用ください。

種類(使わない時の色あい)

きもと社製3種、マプロ社製4種 品揃え:
・ 透明はプロジェクターで投影している時は、外部から見て一般のビデオ映像に見えますが、使用していない時は透明です。
※透明タイプの場合、プロジェクターを正面から当てると光源が見えてしまいます、 ご注意ください。
・ グレー、ホワイト、ブラックの3種は、プロジェクターで投影している時は、外部から見て一般のビデオ映像に見えますが、使用していない時は不透明です。

標準スクリーンサイズ 4:3
40インチ 813mm×610mm
60インチ 1,220mm×915mm
80インチ 1,626mm×1,219mm
100インチ 2,032mm×1,524mm
背面投影フィルム ご指定サイズ カット
長さ単位販売

cm長さ単位で販売
きもと社製 1220mm幅
マプロ社製 1524mm幅

面積単位販売

縦横ご指定サイズにmm単位で
オーダーカット致します。

アクリル板に貼った
背面投影サイバービュー・ハングスクリーン

大型店舗内広告や展示会などで大好評
アクリル板に貼った 背面投影サイバーハングスクリーン
画面サイズ40インチ 60インチの二種類を標準化
画面サイズ80インチ 100インチ他、特殊サイズも製作可能です、ご相談ください。
背面投影サイバーハングスクリーン

サイバービュースクリーン 詳細はこちら
タイプ グレー クリア ホワイト ブラック
グレード名 CVS-GR CVS-CL CVS-WH CVS-BL
原反ロール 1524mm幅 x 30メートル
アクリル板に貼ったハングスクリーンもあります:
Mapro社製は、ロール幅が1524mmありますので、100インチサイズも可能です、ご相談ください。
きもと社Diladの仕様詳細はこちら Mapro社製サイバービュースクリーン 仕様詳細はこちら

【ご注意】
通常、アクリル板にフィルムを貼り付けるとアクリル板からガスが発生する為、気泡が発生します。
弊社では、貼付後3ヶ月経過を見たところ、小さなガスが発生しますが映像品質には、ほとんど影響がないことを確認いたしました。
また、時間経過とともにアクリル板にそりが入る可能性がございますのでご了承ください。