ガラスフィルムの試し貼り・・・両面テープで止める

ウィンドウフィルム 両面テープで止めてみたら?
ガラスフィルムには、色々な種類があります。 本番貼り付け前に、両面テープで貼りつけてみてはいかがでしょう?
ガラスフィルム両面手テープで止める

両面テープでガラスフィルムを貼って見る!

〜試し貼りの勧め〜

両面テープをガラス面に貼り、適宜並べて貼り、窓 フィルムを取り付けるように貼っていきます。
この夏、経験した節電効果を検証するため等には、とても実用的なアイデアであると考えます。

但し、”仮付け”状態ですので、防災(飛散防止)効果や防犯(貫通防止)効果は、期待できません。

貼りつけたあと、外観と効果を確認出来ます。

家の内から外を見て見ます。
家の外から内を見て見ます。
日中と夜
どのように見えるか確認することができます。
フィルムを貼っても、日中は、家の中から外は意外に良く見えます。
フィルムを貼ってあれば、日中は、家の中は殆ど見えません。

遮熱目的の場合は、ガラス面から30CM以上離れた場所の温度を図ってみましょう。
反射タイプのフィルムでは、反射が強いほど、遮へい係数が低くなり、遮熱効果があることを体感できます。
透明断熱・遮熱フィルムでは、遮へい係数を見てフィルムを選びましょう。
遮へい係数が低いほど、遮熱・断熱効果は高くなります。

本番で貼る時は、フィルムのセパレーターを剥がして貼ります。
セパレーターを剥がして、のりが付いている面をガラスにあて、施工液をスプレーして、貼りつけます。
施工前に、 ガラス面をきれいに洗浄することが非常に大事です。
両面テープの“のり跡”もきれいに取りましょう。
ご使用の両面テープにご注意ください。
通常市販の両面テープは、紫外線に対する耐性があまりありません。
すぐに劣化してしまいます。
弊社では、お勧めの両面テープを現在手配中です、間もなくご案内申し上げます。

Copyright(c) 2006.cyber-reps.com, All Rights Reserved