長寿命 外貼り用日射調整用フィルム SUシリーズ 新発売

外貼り用長寿命・遮光/遮熱フィルム
ウレタン層で紫外線劣化を防ぐ
待望のフィルムがついに完成

通常の外貼り用ガラスフィルムの寿命は3年程度です。
推定寿命約5年以上の外貼り専用ガラスフィルムが開発されました
MAPRO社製SUシリーズ

  • ESP-15 遮蔽係数 0.31 可視光線透過率21%
  • ESP-35 遮へい係数 065 可視光線透過率36%
  • UVカット率 99%

    メーカー:MAPRO社(韓国)
SUシリーズの特徴
外貼り用遮熱フィルムの効果

SUシリーズの構造

熱線反射フィルムとして代表的なグレード遮熱スパッタリングフィルムをベースに、 ウレタン層を形成した構造です。
セパレーター(剥がしフィルム)を除く総厚は、約70ミクロンです。

このウレタン層は、MAPRO社が誇るペイントプロテクションフィルム(PPF)の主要部材であり、車の塗装保護フィルムとして、豊富な実績を誇るものです。

SUシリーズの構造
マプロ社製長寿命外貼り用遮熱フィルムの構造

フィルム総厚 70ミクロン (保護フィルム・セパレーターを除く)
名称
遮蔽
係数
紫外線
カット率
日射 可視光線 熱貫流率 外観
反射率 透過率 吸収率 反射率 透過率
SU15Ext 0.31 99% 56 17 27 55 21 5.4 シルバー反射
SU35Ext 0.39 99% 45 26 29 43 36 5.5 シルバー反射
標準ロールサイズ: 1524mm幅×30メートル長さ
ハードコート:なし (メンテナンスでは、水をかけるだけにとどめ、布などでこすらないようにしてください)
上記仕様はメーカー発表値であり、保証値ではありません、予告なく変更することがあります。
Mapro社製 長寿命 外貼り SUシリーズ 開発の背景

一般に、外貼りフィルムの施工は困難が伴います。
外貼りフィルムは、風や雨などの外的条件に左右されやすく、施工が難しい場合が多いのです。
加えて、保証条件の設定が難しいのが実情です。

総じて、寿命は3年程度、しかも貼り換えは初回施工よりはるかに大変です。
貼ってあるフィルムを剥がさなければならないからです。
一方、外貼り用ガラスフィルムの需要は非常に大きいと言えます。
1. 病院や店舗、工場等で、移動が困難な設備機械類などが窓際にあり、室内側から貼るスペースを確保できない
2. 複層ガラスや網入りガラスには、内貼りするとガラス割れの危険が増大します。
日射吸収率が低い外貼りフィルムなら、熱割れの危険度は激減します。

どのメーカーも保証期間を設定できていないのが現状です、 或いは、保証を謳っていても、免責条項を羅列せざるを得ない状況にあります。
通常の外貼りフィルムで、長期間の寿命を明言できない要因は3点あります。

要因A: 通常構造の外貼りフィルムは紫外線による裂化が早い
ガラスフィルムの主材であるPETは、紫外線に弱く、このため、紫外線吸収剤で保護しています。
内貼り用であれば、紫外線吸収剤を、粘着剤に入れることが容易です。
外貼り用は、粘着層がガラス側に、PETフィルムが外側に位置するため、PETの外側に耐紫外線処理を施さなけれなりません、 これが難しいのです。

要因B:外貼りフィルムは、雨・風・ほこりにより、汚れやすいことにあります。
汚れを除去するために、水をかけ、ふき取る際に、フィルムを傷つけやすくなります
通常のガラスフィルムは傷がつきやすいのです。

要因C:飛来物などによる損傷を受けやすい。

マプロ社(韓国)の長寿命外貼り専用日射調整フィルム

同社は、車用のペイント保護フィルム(PPF)で世界的実績を有しています。
車用のペイント保護フィルム(PPF)は、過酷な耐候試験をクリアしております。
車用PPFのウレタン層を、日射調整フィルム層に上乗せして完成させた画期的なガラスフィルムがESPシリーズです。

SUシリーズには、左記長期寿命を制限する要因を見事にクリアします。

要因A:: 紫外線を耐候性ウレタン層がブロックします。

要因B: ウレタン層は摩擦に強い、水を掛けて汚れを除去する程度に止めれば、長期間使用することが可能になります。

要因C:ウレタン層はクッション性があり、飛来物による損傷を受けにくい。

ウレタン層は、PPFで実証の通り、車の洗浄機にかけても傷がつきません。
クッション性があり、小石や砂、その他の飛来物などによる傷も付きにくい特徴があります、 但し、むりやりこすらないでください。

加えて、SUの日射吸収率は低く、複層ガラスや網入りガラスに貼っても、熱割れを起こす危険性は、殆どありません。

然しながら、外貼りフィルムは、“飛来物”や”擦過”の特定が困難であるため、現状では、保証期間を設定することはできません。
ASTM基準UV照射耐候性試験で、5年間劣化無し

耐候性試験結果グラフ

マプロ社耐候性試験結果

UV照射 60度C 20時間
水放射 50度C 4時間

試験規格: ASTM G154

600時間実施

オレンジ色:可視光線透過率

レッド色:赤外線透過率

ブルー色:紫外線透過率

結果:実用上変化なし


耐候性試験条件ASTM

耐候性試験結果と推定寿命

上記に基づき、SUシリーズは、外貼り使用時に於いて5年間は、耐候性が持続することを明言します。
更に、延長して試験を実施してまいります。
現時点では、自然劣化に対する推定寿命はより伸びると想定しております。
但し、外貼りガラスフィルムは、飛来物による損傷及び擦過等がありますので、保証期間を設定するものではありません。

メーカー: マプロ社(韓国)
輸入発売元: 株式会社サイバーレップス