高品質日本仕様 強飛散防止フィルム GS100MT

強粘着 透明強飛散防止フィルム
従来の飛散防止フィルム標準は50μm厚
異常気象による突風・竜巻、更には ”J-アラート”

ガラス割れのリスクが急激に増大しています。

北朝鮮の弾道ミサイル報道のたびに:
窓ガラスから離れてください”と呼びかけられています。
・爆風でガラスが割れる恐れがあります
・割れたガラスで怪我をする危険が大です
防災フィルムはガラスを割れにくくします。
割れてもガラスに貼りついたままが殆どですので、怪我防止効果も大です。

標準飛散防止フィルムはPET厚50μm。
全ての建物用ガラスフィルム中、最も基本的なグレードです。
お勧めは、強飛散防止フィルムGS100MT:PET厚100μm

GS100MTの3大特徴

1. 厚さは通常飛散防止フィルムの2倍
しかも、50μm厚PET2層構造
100μm単層に較べ柔軟で強靭です。
引き裂き強度が大
ガラスが割れにくくなります。
優れた飛散防止効果を発揮します。

2.粘着層が厚く粘着強度が大
糊厚の世界的基準は、16μm以下
日本では、糊厚20μmが好まれています。
GS100MTの糊厚は、20μmです。
割れても、フィルムはガラスに付いたままが多く、ガラスの飛散を防ぎ、怪我防止に役立ちます

3.適度な厚さで腰が強く貼り易い
通常の50μm厚飛散防止フィルムは、薄くペラペラしています。
GS100MTは、手ごろな厚さで、しなやか。
縦横オーダーカットフィルムを使えば、
一般の方にも、貼り易く、しかも安価です。

紫外線カット GS100MT 
糊厚20μm仕様
MAPRO社(韓国)製

紫外線カット率 99以上
空巣対策にも効果的です。

突風 ・竜巻・飛来物
ガラスが割れて外れると、突風で家屋崩壊に繋がります

GS100MTは、自分で貼り易い手ごろな厚さです
お子様に怪我をさせないように、貼って安心
 
特性 GS100MTの仕様

マプロ社製飛散防止フィルム
GS100MTの構造

フィルム総厚=129μm
(セパレーターを除く)

JIS-A-5759 試験

飛散防止性能試験 GS50MでA法及びB法合格

可視光線透過率 89%

高透明で、貼ってあるのが殆ど判りません

粘着強度 25N/25mm

フィルム自体の反射は殆どありません

引張強度 359N/25mm

高強度PET原反を使用しています

ハードコート 2H対応

傷がつきにくいハードコート付きです

紫外線遮断率 99%以上

高い紫外線遮断率を誇ります

遮蔽係数 0.94

UVはカットしますが遮熱効果は限定的です

上記仕様はメーカー基準値であり、訂正する場合があります。
GS100MT ロールサイズ 1524mm幅×30M、920mm幅×30M
上記フィルムは全て内貼り用です、外貼りするとフィルムの劣化が早くなります。
ガラス面がデコボコしている型板ガラスに等には貼れません、凹凸ガラスには、OTT150をご使用ください。