国産推奨シリーズ 高透明遮熱・強防災フィルム X-3

弊社が推奨する 国産秀逸フィルム X-3 遮熱性能はTopクラス、PET厚が通常の2倍で飛散防止効果大

高透明系フィルム中 遮熱性能No.1級

高透明なのに、遮蔽経緯数0.54
これは驚異的な遮熱性能を表しています。

X-3のPET厚は、100μm
通常の飛散防止フィルム厚50μmの2倍
適度な厚さでしなや、貼り易いフィルムです。

製造: 旭ガラス株式会社
販売元: 株式会社村上開明堂化成

X-3の新商品、HX-3の詳細はこちら

高透明遮熱強防災フィルムX-3
x3の日射透過
X-3の波長帯別室内流入比率

省エネ効果・紫外線カット

近赤外線をカットし、特に夏場の室内に侵入するジリジリ感が抑えられます。
冷房効率が大幅にUPし 省エネ・CO2削減に貢献します。
紫外線は99%以上カットします。


X-3:ETV取得 平成21年度環境技術実証試験
HX-3:ETV取得 平成23年度環境技術実証試験

公的認証: 飛散防止試験
飛散防止性能(建材試験センター)
JISA5759A法(合格)B法(D1適合)

地震や台風などの災害時に、万一ガラスが割れても、破片が飛び散らずに怪我をしないで済む確率が高くなります。

公的認証: 鉄道車両用材料燃焼試験 不燃性 判定
(社団法人 日本鉄道車両機械技術協会)

高透明

可視光線透過率が74%もあり、透明度が高いフィルムです。
昼間、室内が暗くならずに済み、照明電気代を節約することができます。

X3の仕様
高透明遮熱フィルムX-3の特徴
フィルム全厚
125 μm

PET厚100ミクロン、IRカット+薄膜スパッタリング
通常の飛散防止フィルムの約2倍の厚さです

可視光線透過率
74%

クリアブルー調、貼ると殆ど透明になります

可視光線反射率
9%

反射は極めて低い、生ガラス(反射8%)とほぼ同等

赤外線遮断率
85%

1000nmに於ける赤外線遮断率です

日射透過率
41%

可視光線透過率大、赤外線透過率は極小

日射反射率
33%

スパッタリングによる反射で熱線遮断効果大

日射吸収率
26%

日射吸収率が低く、熱割れの危険が極小

紫外線透過率
<1%

紫外線をほぼ完ぺきに遮断

遮蔽係数
0.54

ほぼ透明でこの遮蔽係数は業界最高レベル

熱貫流率
5.9 W/uK

遠赤外線を反射しますので、この数値以上の暖房効果が期待できます

上記仕様はメーカー基準値であり、保証値ではありません、数値は予告なく変更する場合があります。

X-3の特徴とその理由

熱線遮断効果が高い
右図性能相関図位置で、右に位置するほど遮蔽係数が良い。
X-3の遮蔽係数は0.54、現時点における弊社製品群透明系の中で、最も遮熱効果が高いフィルムです。

透明度が高い
透明度は74%と、非常に高く、殆ど透明で閉塞感がありません。
透明度が低いフィルムに較べ照明電力コストの削減に貢献します。
但し、可視光線に含まれる日射熱量は大きく、夏と冬では功罪相反します。

飛散防止効果抜群
通常の防災及び遮熱フィルムのPET厚は50ミクロン厚、
X-3のPET厚は2倍の100ミクロンであり、 強度が高く、飛散防止効果大です。

熱割れの危険が極小
フィルムを貼付したガラスの熱割れリスクは、日射吸収率が高いほど、リスクが大きくなります。
通常の遮熱フィルムの日射吸収率約40%に対し、 X-3の日射吸収率は、26%です。
但し、網入りガラス及び複層ガラス等に貼る場合は、ご相談ください。

X-3最大の特徴

X-3は、赤外線を多く反射させる赤外線反射タイプであり、赤外線吸収タイプのフィルムではありません。
これにより、透明系でありながら、脅威の遮蔽係数を具現した高級フィルムです。


施工方法及び保守は通常の日射調整ガラスフィルムと同じです。
水抜き作業が不十分な場合、施工後水泡が出る場合があります、
フィルムとガラス間の水分が乾燥する前に再度水抜きを行ってください。

標準ロールサイズ 1200mm幅 x 30メートル

X-3は内貼り専用です。
外貼りすると劣化が早くなります。

Copyright© 2012.cyber-reps.com, All Rights Reserved.