防犯フィルム
SS400S / GS350 / GS200
サイバーレップス
グラスセイフ防犯フィルムの輸入総発売元である弊社がGS350を推奨・販売する理由
弊社は、防犯フィルムも安価で且つ自分で貼れるものを最優先にすべきと考えたからです。
その後、日本ウィンドウフィルム工業会に参加し、CP認定品の必要性を理解し、
ワールドビュー社より、セプロ防犯フィルムの商標権を取得し、弊社が発売元になりました。
CP認定品 セプロSS400S (国内大手メーカーOEM製品です)
 
防犯建物部品認定マーク

CP認定品
サイバーレップス取得CP認定品:セプロ防犯フィルムSS400S
CPマークの付与条件:
1)指定フィルム施工技能者による施工
2)5mm厚以上のフロートガラスに貼付
(3mm厚ガラスに貼る場合は、付与されません)
3)サブロック付クレセントと補助錠を合計2箇所以上に取り付け施錠

CP認定なし弊社防犯フィルム:GS350
自分で施工も可能です。
フィルムはCP認定品とほとんど変わりません。
(CPマークは付与されません)

CP認定なし弊社空巣対策フィルム:GS200
自分で施工も可能です。
ガラス破り侵入盗手口の9割を占める『コジ破り等』対策に最適のフィルムです。
(CPマークは付与されません)

GS350を選んだ理由
1.しなやかで強靭、透明度も高い
2.施工性が非常に良く、自分で貼る場合に適切
3.安価であるきれいなフィルムとの評判が高い
4.警察庁との官民合同会議による 「防犯性能の高い建物部品」認定品SSP1218CL(弊社呼称SP350)と、特性がほぼ同一。

注:SP350は、メーカーの都合により販売中止になりました、GS350を推奨しています。

防犯フィルムとCPマーク
自分で貼れる防犯フィルム 本格的防犯フィルム 空巣対策フィルム
グレード名 GS350  GS200
構造・厚さ PET3層 計300μ
総厚 350μ
PET2層 計200μ
総厚 220μ
認定 自社落球試験
EN356 準拠 P2A適合
なし
特徴 剛性がありフィルム自体が強靭
柔軟性があり、GS350より貼り安い
全面貼りの施工性 スキージー掛け(水抜き)がやや難しいが
数時間以内に点検し、水玉が出たら抜いてしまうのがポイント
縦x横 mm 単位カット

ガラスサイズに合わせてオーダーカットいたします。

自分で貼れる? 貼れます
結論
結論:SS400SとGS350との性能的な差は、殆どありません。
価格は、GS350の方が格段に安価です。
推奨用途 1.透明フロートガラス用の内貼り
  (型ガラスには凹凸ガラス専用防犯フィルムを用意しています)
2.音を立ててでも侵入してくる強盗などに対抗
(一般ご家庭の空き巣対策用、及び3mmガラス用には、GS200が安価で、最も多く採用されています)
3.GS350、GS200共、カット済みフィルムを購入して、自分で貼る場合に最適です。

防犯性能の高い建物部品 警察庁の防犯関連ホームページ より抜粋   品目 : ウィンドウフィルム

<試験項目と抵抗時間>
1.この目録には、「ウィンドウフィルムの防犯性能の試験に関する細則」に定める試験項目の打ち破りについて8回以上、こじ破り及び
焼き破りについて5分以上の抵抗性能を示した商品を掲載している。
2.以下の商品と同一の素材(ポリエステル)で、厚さが同等以上であるものも防犯性能の高い建物部品に該当する。

<付帯条件>
1.窓サッシには、サブロック付クレセントと補助錠を合計2箇所以上に取り付けてあり、かつ施錠されていること。
2.ウィンドウフィルムを貼付するガラスは、フロートガラス5mm以上の厚さのものとする。なお、複層ガラス等に使用する場合も、5mm以上 の厚さのフロートガラスに貼付すること。
3.ウィンドウフィルムの貼付に用いる接着剤は、ウインドウフイルム工業会が指定するものとする。
4.上記のほか、施工・使用に関する条件については、ウインドウフィルム工業会が規定・推奨する基準によること


Copyright(c) 2006.cyber-reps.com, All Rights Reserved.