凹凸ガラス用飛散防止フィルム Ott50Clear アウトレット販売

デコボコガラスに貼れる 透明系飛散防止フィルム
ガラス割れ 怪我防止 視線カット
住宅 施設 店舗などの内貼り用フィルム

【アウトレット販売】凹凸ガラス用 ガラスシート 防災飛散防止フィルム
OttClear50 ほぼ透明 型板ガラス内貼り用
面積0.01平米単位オーダーカット販売
総厚150μm 糊厚100μm 防災 視線カット UVカット

Ott50Clear
PET厚50μm+粘着層100μm = 総厚150μm
Ott50Clearは、型板ガラスに限りなく近い色調と不透過性をもたせました、外から内は殆ど見えません。
Ott50Clear 型板ガラス用飛散防止フィルム
ガラス割れ対策 、空巣対策にも有効

アクリル系紫外線カット粘着層の厚さが、通常ガラスフィルムの約6倍もあり、デコボコガラスに喰い込んで しっかり粘着します。



Ott50Clear ほぼ透明

OTT50クリア
アウトレット販売の理由

小さな白色粒状物がみえます。
粒状物は、紫外線吸収剤が少しだけ析出したものです。
・紫外線カット率が100%に近くなります
・性能に影響は、ありません
・凹凸ガラスに施工後は、殆ど目立ちません


Ott50Clear 型板ガラスの下半分に貼付した写真
暗い外から明るい内を見る:殆ど見えません

Ott50Clear 型板ガラスの下半分に貼付した写真
明るい内から暗い外を見る:殆ど見えません

Ott50Clearの効果 ●飛散防止、怪我防止 ●視線カット ●紫外線カット

Ott50Clearの特徴
●粘着層にアクリル系UVカット粘着剤を使用し、量産化を実現
分厚い糊が、凹凸ガラスの凹面に喰い込んで しっかり粘着します。
●PET厚50μ+粘着層100μ=総厚150μで強靭
工場やビルに多い型板ガラスの飛散防止と空巣対策にお勧めです。

Ott50Clearの仕様
用途:凹凸ガラス 内貼り用
外観:型板ガラスと同様の非透明性を持たせました。

Ott150との違い
OTT150は、表面が白色
Ott50Clearは、表面がほぼ透明
施工後、OTT150は若干白く見えます。
Ott50Clearは、型板ガラスに同化して殆ど目立ちません。
但し、光の当たり方及び見る方向により異なります。

項目
単位
PET厚
μm
50
粘着剤厚さ
μm
100
総厚
μm
150
粘着力
N/25mm
21.0
可視光線透過率
85.0
紫外線遮断率
>99
日射透過率
74.9
日射反射率
7.9
日射吸収率
17.2
遮へい係数
-
0.92
ハードコート
なし
製造 サイバーレップス仕様
OEM製造 Mapro社 韓国
ご注意:上記の値はメーカー標準値であり保証値ではありません、改良等により予告なく変更する場合があります。

●用途:でこぼこガラスの飛散防止・内貼り用

デコボコガラス(凹凸ガラス)は、日本ではたくさん使用されています。
隣家・隣室からの視線をカットするプライバシー保護が主目的です。

通常の透明フロートガラスに較べ、柔らかめでひびが入りにくいのですが、デコボコがある分強度的には弱く、地震や突風等で割れやすいのもこの凹凸ガラスです。

糊全体の30%が、ガラスに圧着されていれば、飛散防止フィルムとして、所定の粘着強度を得ることができます。

網入りガラスに貼れるか?
  =>貼れます!・・但し;

網入り凹凸ガラスにも、実用上は、貼れます。
日射吸収率が20%未満と低く、熱割れの危険は殆どありません。
多くの場合、熱割れに対する許容範囲内に収まります。
むしろ凹凸ガラス全体の 強度があがり、割れにくくなります。
但し、 網入りガラスは、何もしなくても割れることがあるガラスです。
熱割れが起きた場合の 補償には応じられません。
これは、ウィンドウフィルムメーカー共通の見解です。

通常のガラスフィルムを 凹凸ガラスに貼ることはできません、 粘着剤が薄く、デコボコに追従出来ないからです。

凹凸ガラス用飛散防止フィルムの貼り方

通常のガラスフィルムと異なり、水なしで、ドライで貼ります。
※水貼りすると、施工液が抜けなくなります。
試行錯誤の結果、施工法のお勧めは、下記のとおりになりました:
1.カット済みフィルムを使用
2.ドライで貼る
3. 全体を、手のひらでなでるように圧着します