価格
一覧表

ガラスフィルム お役立ちヒント集

紫外線UVAをカットするフィルムは?

U4シリーズは紫外線400nmまでカットするフィルムです

UVと赤外線をほぼ完ぺきにカットするサンバイザー

飛散防止フィルムで怪我防止

飛散防止+UVカットフィルム

紫外線カット率に差があります

紫外線の定義に差があります
紫外線領域は380nmまで?
それとも400nmまでなのか?

UVゾーンの定義に大差あり

紫外線カットの危険ゾーン
UV-Danger
略して、UVD と呼ぶことにします
UVD: 380-400nm
この波長帯の紫外線エネルギーは強大です

ブルーライトの範囲は: 380-500nm
ブルーライトは、UVDを含んでいます。

UVDに関する動画をご覧下さい

UVAの範囲は:2通りあります
これが問題です!

1) ウィンドウフィルムJIS基準UVAは
・380nmまでを対象としています

・380nm以上は可視光線領域に入ります
 世界基準IWFAも同じです
 International Window Film Assotiation

然し
2) 環境省他のUVAは400nmまでです
JIS基準でカバーされない380-400nmの紫外線は、ブルーライト領域内にあります。
最近特にブルーライトが問題視されてきました。

JIS基準ウィンドウフィルムは、UVDをカットしなくても良いことになっています。

380-400nmをUVDと命名します

ブルーライト中の紫外線領域 380〜400nm を、UVDと呼ぶことにします
色々なフィルムをUVチェッカーで検証
U4シリーズ動画をご覧下さい
UVセンサー
U4-400CL 別名GS50K-UV400
動画をごらんください

JIS基準フィルムとU4では紫外線のカット率に大差

U4-6580 動画U4-6580で解説

UVカットJIS基準紫外線に含まれる日射熱の割合は3.3%

1)ウィンドウフィルムJIS基準による日射熱中の紫外線エネルギーは3.3%
2)環境・健康基準による日射熱中の紫外線エネルギーは約6.5%?
上記1)、2)が正しければ、全紫外線の約半分が、ウィンドウフィルムではカットされていないことになります。
これらの数値は本当でしょうか?
未だ確証が得られていません。
ご専門の方:是非教えてください、直ちに改定します。

ハイレベル UVカットフィルムは どれ?
 

 

透明飛散防止フィルムのUVカット性能

ハイレベルUVカット透明飛散防止フィルム4種

更に、透明系遮熱UVDカットフィルムU4-6580があります
U4シリーズフィルムの全容

ハイレベルUVカットフィルム

標準的透明飛散防止フィルム

JIS基準:
200〜380nmを紫外線と定義
97%以上カットすること

1.GS50K 無色透明、JIS基準に適合、
公共施設にも広く採用されています。
飛散防止試験A法・B法に合格しています。

2.GS50K-UV100、少しブルー
貼付後は殆ど透明です
JIS基準UVカット率99%以上、適合
但し、UVD(380-400nm)はカットしません。

3. U4-100CL 無色透明
UVDまでの紫外線を99.9%カットします。

4.U4-400CL 少しイエロー
貼付後は殆ど透明です
UVDまでの紫外線を99.99%カットします。

良くあるご質問:

Q: U4-400CLは、U4-100CLより高性能なのになぜ安いのか?

A1: 国産品で、製法が防虫フィルムと近似しているからです。
A2: U4-400CLは、世界最新スパッタリング技術による量産コストダウン製品だからです。

透明飛散防止フィルム4種の紫外線カット分光透過率

UVDをカットするフィルムは?

紫外線400nmまでカットするフィルムは
U4シリーズだけです、他にはありません。

例外:防虫フィルム=高価(紫外線吸着剤が超高価なのです)

U4シリーズ動画をご覧下さい

U4-400CL 別名GS50K-UV400
動画をごらんください

U4-6580 動画U4-6580で解説

U4シリーズフィルムの全容 全ガラスフィルム特性一覧表 Nexfil社製ガラスフィルム特性一覧表
 
||  フィルムの特性一覧表 || OCメンバー本部サイバーレップス || 特商法表記 ||  前に戻る ||